プロフィール

若松

Author:若松
釣り歴42年。
船釣りはもちろん、波止釣り・エギング・シーバス・ブラックバスetc・・・も何でもやります。
鯛カブラ・ウキなども手作りしちゃいます!

コメント大歓迎☆

ブログ村のランキングに参加してます。
応援ポチッとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

こっちもよろしくです!
人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

愛用品

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 若松カブラ スーパーケイムラオレンジピンク スーパーケイムラオレンジピンク 若松カブラ5色 5色 若松カブラ オレンジグリーン ご要望の多い今季鳴門最強カラー?! オレンジグリーン 若松カブラ 新色 柿色(濃オレンジ) 柿色(濃オレンジ)↑   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   若松カブラ ヤフオクにて出品中です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

鯛カブラの持論

コメントをくださったオデッセイ様からの質問なのですが・・・
長くなるので記事にしてみました。
その質問とは ズバリ・・・カブラの極意。

極意ですか・・・私も聞きたい!というのが本音なのですが・・・今までの経験からの持論として見てください。


私が思うには、『カブラを止めない事』と『スカートのカラーローテーション』それと『リトリーブのスピード』の3点ですかねぇ・・・

まず『カブラを止めない事』ということなんですが
マダイというのは底でじっとしている魚ではないので、いくら低活性でも1~3m位は上を泳いでいます。水温や潮・気圧・エサの関係等で浮き沈みをよくします。場合によっては10m以上浮いていることも(鳴門では20m以上浮くことも)あります。最もよくあるアタリは底からカブラが離れる瞬間から5m以内です。それはマダイが底付近に居てアタる場合と、もう一つ上層に浮いているマダイが巻き上げたカブラを落とす時について来てカブラが着底したときに追いつき、カブラが上がる瞬間に口を使うパターンがあり、意外と取れていないのが後者のパターンで底でアタリが来た!なんて時に底ばかりを攻めがちなんですがそれに騙されてはいけません。最低8mは巻いてください。
それと最も重要なのがカブラを巻いて落とす時と着底した時に絶対止めないこと。着底したら素早く巻き出さないと、折角上層のマダイがついて来ていてもカブラが止まるとすぐ見切られてしまいます。もし底取りのスピードがぼけてしまう時は、15号→18号→20号・・と変えてみてください。20号以上はアタリが激減しますが、20号までだと結構アタリますよ。もし大きさが気になるのでしたら赤色等に塗装して、シルエットを小さく見せるという手もありますが・・・。

次に『スカートのカラー』ですが、春夏はオレンジがやはり強いです。
私の場合、朝の海中の暗い時や白濁りしているような時はショッキングピンクやオレンジゴールド等も良く使いますが慣れないうちはオレンジで一日通した方が間違いないと思います。お盆を過ぎた頃からは赤が強いと思いますけどね。オデッセイさんの乗られる明石の某船頭さんのカブラは、釣れる要素を満たしているので問題ないと思いますよ!ただ私的にはオモリが大きいのでもう少しだけスカートのボリュームをアップしたほうが良いと思います。(スカートを増やし過ぎると針の邪魔をするので注意して下さい。3枚位でいいと思います)

『リトリーブのスピード』ですが、良くいうのが”今日は早巻き”だの”昨日は遅巻き”だの皆さん悩んでいますが見切られにくいのは『早巻き』でスピードが速い分喰う時はバックリいってくれるような気がします。その反面、アタリは『遅巻き』に比べると減ります。私がよく行く鳴門の漁師さんは信じられないスピードで巻いていますよ!生きたイワシやイカナゴでも追いかけて喰うので、私達が思っているより鯛は素早いと思います。『遅巻き』はアタリはかなり増えるんですが、2~3回触って見切られることも多いように思います。夏場の高活性時などは結構バックリ掛かってくるんですが。
また 小ダイが多い時等はスピードを速くしてやると泳ぎの速い良型マダイを効率良く獲る・・という技もありますが。
簡単に考えると、落として巻くだけの釣りなんですが
細かい所を詰めていくとかなり奥の深い釣り・・とも思います。


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鳴門の釣り船で辰丸さんという船のHPに”鯛釣り語録”というのがありますので見てみてください。
どんな本よりも詳しく書いてありますよ!これは必見です!!

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


5月1日も鳴門の亀浦漁港から西村釣り船(蛭子丸)さんでカブラ釣行を予定しています。潮が小さいので苦戦しそうですが頑張ってきます!


ランキングに参加中です。
↓クリックしてもらえると10ポイント加算されランクアップ出来ます。
更新のモチベーションアップになるので応援クリックよろしくです!
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
こちらも参加中↓ぽちっと応援よろしく!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

<< 鳴門鯛カブラ釣行で渦華大鯛! | ホーム | 鯛カブラで大鯛ゲット! >>


コメント

ありがとうございます

師匠、詳細なるアドバイスありがとうございます。
底から8mぐらい巻くのは知りませんでした。
いつも3mまでで止めていました。
底取りが大事なのですね・・・うーむ。
リトリーブのスピードもゆっくり巻いてたと思います。
アタリがあっても乗らないのは離してしまっていたからなのか・・・。
何かモゾっとしたアタリがあって巻いていると軽くなる・・・の繰り返しだっったような _| ̄|○
ホント勉強になります。ありがとうございました。

鯛カブラは落として巻くだけなのですがその分腕の差が歴然と出ると思います。
去年なんかカップルで乗船していたお姉ちゃんが上げて我々は3人ともボーズで相当へこみましたから。

師匠の教えを胸にリベンジしてきます。
しかし船メバルから数えて乗るたびに”リベンジ”と言っているような気が(笑)



オデッセイ様

私もカブラで2タコして凹みましたよ~
今年のマダイは手強いようですが
頑張ってデカイ鯛を獲ってください、朗報待ってます!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP